« 2014年11月 | トップページ | 2015年2月 »

2014年12月

無職・イン・エクスカーション vol.3&4

第3回、ハンナ・アーレント「人間の条件」プロローグを読む

第4回、失恋について
いやー、現場の状況としては、タカハシくんは「食欲はありますよ、そのへんは切り分けてますから」と言うのでカレーを食べに行ったんですが、ものすごくちょっとずつゆっくりゆっくり召し上がっておられ(完食されてましたが)。。。私の重症クラス失恋の時は眠ることも食べることもできなくなり、さすがにこれはヤバいと先輩に相談したら「俺は3か月アセロラドリンクとカロリーメイトだけで過ごした」と言われて、なんかラクになった記憶あるなぁ〜。ここにあったかい紅茶かインスタントのスープでもプラスすれば、 #養生サバイバル になるんじゃないのかしら?
私がお守りにしている言葉に「感情はテンポラリーなものだから、そのうち必ず収まるのが幸い」というのがあるんだけど、失恋とかひどい裏切りにあって傷ついた場合には「折じわのついた紙」みたいに、四六時中その傷みに引き戻されるのが難儀なんですよねー。折じわ消えるまで時間が必要ですよね〜〜。

|

RADIO! 無職・イン・エクスカーション vol.0.2 無職研究室室員初顔合わせ

2014. 11. 30 at FLOAT, OSAKA

3本に分かれている長尺です! 室長:タカハシ’タカカーン’セイジ、室員:松本渉、たなかやすほ、Yuko Nexus6   LISTEN!

[vol.0.2-1]ジュムさんレシピのニンニク味噌>映画「ある精肉店の話」の話>オルタナティブ珍味と酒とスイーツの会>ファシリテーション? デパートメンテイション? 無職・イン・レジデンス>見っけ!このはな2014>COCOROOM>読書フェス>音飛び、#JJPLLL>遠足、競馬

[vol.0.2-2]CDとアナログ盤の音飛びの違いについて>銭湯よりも安いジムの風呂について(生活力)>職場、社会。。。「図書館員を志す人へ」>外山滋比古>無職・イン・レジデンスの捉えられ方、議論の仕方、リサーチの必要性>無職研究室におけるリサーチプロジェクトとしての無職・イン・レジデンス>無職スペクトラム>仕事が消える、vanishing(消失)、無意識職、働いてる気がしない日常>職場における意識格差が生む「無理職」?


[vol.0.2 out-take]岡田斗司夫氏の講義録(同志社大学)より>月3万円ビジネス>COCOROOMの日常。。。などなど〜。

|

タイムマシン? 1999〜2000年に私が書いた原稿

『BIT GENERATION 2000 テレビゲーム展』(神戸ファッション美術館)


。。。と、2014年末の時点でこうしてリンク貼っとくけど、これがまたタイムカプセルになるんだよなー、きっと。。。

|

« 2014年11月 | トップページ | 2015年2月 »